税理士の役割

良きアドバイザーとして

「税理士」は中小企業(事業主)を中心とした小規模会社(事業所)や、個人の方が、様々な場面で生じた所得に関して確定申告をする際の、良きアドバイザーでありたいと思っております。
会社(事業)や個人の実態を把握し、税金を法律(一般的には税法)に沿って解釈することはもちろんですが、時として厳しく感じられるアドバイスをすることも責務だと感じております。
日々変化していく経営状況、変遷される税制の中で適正かつ節税へと導く役割を担っているといえます。

税理士の3つの役割

1:税金の計算

国民の義務の一つである「納税」について各企業・各個人の状況に応じ、適正な税金計算をします。利用可能な税務上の優遇措置や節税メリットについても随時お伝えします。

2:税務アドバイス

税務上の展望を中心にメリット・デメリット、さらには企業リスクになり得る事象についてアドバイスさせていただきます。

3:パートナー

税務上の関係だけでなく、数字を通じて企業・各個人の方に最も近い存在として経営におけるパートナーの役割を担います。 数字を介する多くのデータや法則は、時に判断を下す有用な情報にもなります。
また、関与先企業(個人)間で相互作用しそうな方についてはご紹介を通じ、出会いの場を提供致します。

税理士関与のメリット

税務に関する適切なアドバイス

税理士は税務の専門家です。
税務の専門家として法令に基づく的確なアドバイスや適正な税務申告業務を行います。
具体的な事例について時系列に予測し、課税に関する対策等、タックスプランニングについてご提案いたします。

経営分析、財務診断

税理士との関与は年度決算のみならず期中の財務数値について随時状況把握することを容易にします。
一般的な経営分析では、数字をあてはめることで出た数字には企業や個人事業における個性は反映されてきませんが、個々の事業に応じた個別の分析は非常に有用といえます。個別分析については必要に応じ適宜お伝えしております。
また、経営分析や財務分析を通じた内面の改善だけでなく、経済状況、同業他社の動向にも注目しますので、新鮮な情報を取り入れることで経営に役立てることができます。
長年の関与を通じた事業の数字の推移をとらえることで税務調査等にも対応しやすくなります。

税務以外の経営アドバイス

税務のみならず経営面の様々な場面におけるコンサルティング業務にも応じております。
数値を分析することにより経営成績を把握し的確なアドバイスを行うことは当然ですが、税務以外の経営アドバイスが必要となる場面は多くあります。
税務上の専門知識だけでなく、蓄積した過去の業務経験、各種ネットワークで経営のあらゆる場面に通じるアドバイスを行います。資金調達に関する金融機関との交渉や、専門外の各種法律家の紹介を通じ、経営に活用できるアドバイスを提供しております。

税務、会計業務委託

税務調査は経営者にとって大きなプレッシャーになると思われます。
税務調査においては専門的知識と個別事象の適正な説明がなされないことにより、思わぬ不利益を生じさせることがあり、しっかりとした対応が必要になります。
関与先企業(個人)における日々の経理業務を定期的に監査することで、税務調査における様々なリスクを軽減する役目を果たし、法令に則さない指摘にはしっかりとした姿勢で臨みます。

業務委託

税務顧問契約に加え、企業・個人の方の記帳代行や給与計算、出入管理等の経理業務を委託することも可能です。(要相談)
中小企業や個人事業における経理人員の確保は大きな負担になることもあり、効率的な経営の選択肢の一つかもしれません。
第3者を介する業務委託は内部牽制にも役立ち、経営効率化の一手段と感じております。

    TKC全国会情報

    当事務所はTKC全国会に所属しており、経営者の皆様や、中小企業を支援するコンテンツとして様々なサービスを提供しています。以下のコンテンツをチェックして、経営にお役立てください(無料)
  • 毎月更新!お役立ちコーナー
  • 補助金・助成金情報
  • TKC戦略経営者ローン
  • FX4クラウドのご紹介

    当事務所のお客様専用コンテンツ

    当事務所のお客様には、TKCプログラムや経営者の方専用のメニューをご利用いただけます。詳しくはお問い合せください。
    Tel.0265-81-1512
    お問い合せフォーム
  • 戦略経営者システムQ&A
  • TKCプログラム・ダウンロード
  • 社長メニュー(ASP版)